真剣に迫る迫力
和泉守兼定は戦国を代表する刀工で、銘に兼定の定を「㝎」と切るところから之定(ノサダ)と呼ばれています。
その刀は実践的で、古来より最上大業物として名高く、あまたの武将に愛されてきた希代の名刀揃いです。
そんな美濃伝兼㝎写しの刀身と拵を、美濃で刀製作70年の経験と伝統に基づき、現代における最高の技術と熟練の職人芸により極め尽くしました。
真剣を御持ちの高段者用に磨き上げられた居合刀の快作です。

二本樋超薄刃仕上げ

身巾広く重ね、やや薄め、旧来の刀身のバランス、ブレ、音をすべて改良。
最高の手持ちの良さは、刃筋の瞬発力を極めます。
刃文は真剣の刃縁の匂いを忠実に再現した、之定独特の湾れに互いの目交じりです。
刃長は、2尺6寸までで調整いたします。
反りは華麗な鳥居反りです。(5分~6分反り)

一振一振の受注生産につき、寸法、重さ、柄巻、鞘塗り、金具等すべて指定できます。

柄巻は真剣用の柄巻師が巻く正絹捻巻です。柄糸の色は、黒、茶、紺、鉄紺、金茶等です。(つまみ巻、牛皮巻も注文可能です。)
鞘塗りは、本黒石目塗り差裏に肥後本科同様一文字が入っています。尚、薄刃仕上げの為、鯉口より栗型2寸下りまで、鞘下地に補強がしてあります。下緒は正絹貝の口織です。
#118
柄巻:黒塗鮫皮、正絹黒捻巻
目貫:肥後這竜の図
鞘塗:本黒石目【鐺付】
下緒:正絹黒貝の口織
¥157,300(税込)


#118G
柄巻:黒塗鮫皮、黒牛皮巻
目貫:肥後這竜の図
鞘塗:本黒石目【鐺付】
下緒:正絹黒貝の口織
¥215,380(税込)

優れた伝統に培われた真剣の技術をあますところなく継承した二本樋兼㝎写しの真価を御体験ください。
いま卓越した刀身が素晴らしく真剣に近づきました。
持つ人に本物だけが持つ言葉にあらわせない余裕を感じさせます。